京友禅染め 彩&人

京友禅の技法

友禅染は、江戸時代の元禄年間に人気のあった京都の扇子絵師・宮崎友禅斎が、
それまでの模様染技法を応用して、自由な模様表現と豊かな色彩を使って新しい
模様染技法を確立、それが友禅染の始まりだと言われています。
友禅斎の斬新なデザインは、西鶴の作品にもうかがわれる通り人気を博し、都で
流行したようです。

友禅染ができるまでは布に模様をつけるには絞り染・板じめ染・刺繍・箔など限
られた技法しかありませんでした。これらの染色技法に比べ、友禅染は、思いの
ままの柄を染められる画期的な技術だったのです。多彩な色を使うので、染料が
他に滲まないように柄と柄を防染する為に、もち米の糊を使いますが糊を使った
防染の技術はすでに古くから使われていたようですが、この技術などの改良が、
友禅の技法を確立させ発展したのです。優れた染色技法として絶大な人気を博し
たようです。

今日では友禅染は世界に誇る、日本の染物の代表的存在となっています。